早期発見も歯科検診で

歯科定期健診で健康な歯へ

歯科で定期検診を行う理想の頻度

歯科は、虫歯や歯周病などの治療だけに訪れるところではありません。歯の黄ばみを取り除き真っ白にしてもらうホワイトニングや歯並びなどを治す矯正などや、虫歯にかからないための予防治療も行います。歯科で行う予防治療は、虫歯や歯周病の原因になる歯垢や歯石を除去し、正しい歯磨きの仕方の指導も行います。また、口内を見ることで痛みが発生していなくて気がついていない早期虫歯も発見してもらえます。虫歯や歯周病にかからない、かかっても早期発見早期治療をしてもらうためには、2カ月に1回の頻度で定期検診を行うのがお勧めです。

歯科における検診の頻度

歯科における検診の頻度については、各個人ごとの歯の状態によって異なります。ただし、歯周病などで治療を行った後などは、早めに受診勧奨をされることが多くなっています。3ヶ月ごとで受診を促す場合もあれば、半年ごとでの受診を促すこともあるわけです。ただし、患者側が気になっている場合で特に歯科受診を希望する場合にあっては、これよりも早く検診を行うこともあり得ます。歯医者側から早めの受診を促されたりするので、歯医者側とよく相談の上で決めればよいものでしょう。なお、次の受診までに気になる症状が出た場合は、予約まで待たずに早めに受診したい旨を伝えることも大事です。

↑PAGE TOP